top of page
検索
  • 執筆者の写真みなと情報

同じ AppleID が入力された iPhone や Mac で自動的に AirPods が接続されないようにするには

AirPods は iPhone ないしは Mac を持っていると大変便利に利用できる Bluetooth イヤフォンですが、以下のようなケースに遭遇しがちで、人によっては多少煩わしさを感じる場面もあるかと思います。

  • iPhone と Mac を所有しており、同じ AppleID を設定している

  • その 2 つが常に近くにある

  • AirPods をどちらかだけで使いたいが、同じ AppleID が設定された機器間で Bluetooth プロファイルが融通されているため、意図しない接続が起こったり、通知が発生したりしてしまう

この挙動は、異なる端末間で AirPods の接続情報が共有されてしまうことによるものとなります。以下のような設定で無効化できます。


無効化する手順

まず一旦、iPhone 側で AirPods を接続したのち切断し、Mac 側で AirPods を接続します。

その状態で Bluetooth アイコンでデバイスを参照すると AirPods が「接続済み」になっていますので、AirPods の「オプション」をクリックします。

上画像のようなオプション画面が出ますので「このMacに接続」の項目を「自動」から「このMacに前回接続していた場合」に変更し「完了」をクリックします。


「完了」後、AirPods をケースにしまうか、蓋を閉じるなどして、Mac との接続を解除します(AirPods は蓋を開けたタイミングで Bluetooth 接続が行われます)。


再度蓋を開けると AirPods は Mac に接続しますが、Mac の Bluetooth 設定で AirPods を右クリックから「接続解除」したのち、iPhone の Bluetooth メニューから AirPods を接続させます。 ✕ボタンでプロファイルの削除はしないでください。iPhone 側 AirPods の Bluetooth プロファイルも削除されてしまうため、再び同じ手順を繰り返す必要があります。


その後 AirPods をケースにしまうか、蓋を閉じるなどして、iPhone との接続を解除します。


再度蓋を開けると AirPods は常に iPhone 側に接続されるようになります。この状態で iPhone 側で以下のように操作します。

  1. 「設定」アプリを開く

  2. 「Bluetooth」を選択

  3. 「自分のデバイス」から「AirPods」の i アイコンをタップ

  4. AirPods の設定項目(画面中段)に「このiPhoneに接続」というメニューがあるので、これをタップ

  5. 「このiPhoneに接続」を「このiPhoneに前回接続していた場合」を選択

このようにすることで、2 つの端末が同じ AppleID を持っていたとしても、

  • AirPods の蓋を開けた場合、必ず最後に接続した方が優先的な接続先となる

  • 切り替え(切断および接続)は iPhone ないしは Mac の Bluetooth 設定から実施

という動作になります。

画面上から実施しなければならない点が多少不便ではありますが、意図しない接続を防ぐことができます。同じ AppleID の Apple 端末が複数あるという方で、AirPod をもうちょっと明確にコントロールしたいという方は、上記の方法をお試しください。



閲覧数:2,084回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page